揉めない離婚のために決めておく5つのこと。離婚をスムーズに進めるヒント

離婚時これだけは外せない!上手な離婚のために決めたい5個の事項

みなさんは真剣に離婚について考えたことはありますか?
離婚すると決まっても、さまざまなことを決めておかないと後で後悔することになります。


たとえば、財産分与や親権、養育費…など、決めたいことは多いです。
ここでは上手く離婚するために決めたいこと5つについてご紹介します。

 


離婚時決めたことは公正証書に

まず、離婚時にさまざまなことを協議し決めたいところですが、決まったことを離婚協議書に記載することが重要です。
離婚協議書を作成せず口頭だけだと、後で約束を守ってもらえないことがあるからです。


口約束はせずに、必ず離婚協議書を作成しておきましょう。
さらに、離婚協議書は公正証書として残しておく方がいいでしょう。


公正証書にしておけば、万が一金銭について約束を守ってもらえない場合に裁判を行わず強制執行できるからです。
ただ、公正証書にする場合は公証人役場で手続きする必要があります。


上手く離婚するために決めたいこと

では、具体的に離婚時決めたいことにはどのようなことがあるのでしょうか?


財産分与

離婚時、財産分与の対象となるものにはどのようなものがあるのかと言うと、現預金だけでなく結婚後夫婦が共に築いだ財産のうち次のようなものがあります。


現金・預金、不動産、年金、家具や家電、退職金、株式や有価証券など。
不動産が片方だけの名義であっても財産分与の対象となりますが、もし不動産を購入するために住宅ローンを組んでいた場合は、残債も負の財産として分与されるので要注意です。


もし、財産分与するマンションの評価額が3,000万円だったとしましょう。


住宅ローンの残りが1,000万円だったとすると、財産分与の対象となる金額は2,000万円となります。

これは満期を迎えていない保険や車のローンなども同じです。


親権

お子さんがいるご夫婦の場合だと親権について決めたいところです。


親権とはお子さんを見守り、教育する権利でお子さんの財産を代わりに管理する権利を指します。

この権利は親権を持つ親の義務とも言え、離婚する際は親権を決めないと離婚することはできません。



養育費

親権が決まったら、お子さんの養育費についても決めたいかと思います。


ほとんどの場合、養育費はお子さんが成人するまで支払うことが多く、多くは途中で支払いが途絶えうやむやになってしまうようですね。
そうならないためにも、養育費については離婚協議書にしっかりと記載した上で公正証書にしておきましょう。



面会交流

親権のない親は離れて暮らす子どもと面会する権利がありますが、これを面会交流と呼びます。


面会交流についても、トラブルにならないようきちんと決めておき離婚協議書に書いておきましょう。


たとえば、面会の回数や頻度、場所や日時、面会1回当たりの時間、費用、お子さんの学校行事への参加…など、決めたいことは多いです。



慰謝料

夫婦のどちらかに、明らかに落ち度がある離婚の場合は、慰謝料を請求できることがあります。


ただの口論や性格の不一致など、請求する理由がない慰謝料請求はトラブルのもとですのでよく考えて行いましょう。


たとえば、夫の不倫が原因で離婚するという場合、法的に認められる証拠を集めておくといいでしょう。
探偵事務所などに依頼すれば離婚の際に客観的に認められる証拠を集めてもらえます。


もちろん、費用はかかりますが慰謝料がもらえる可能性が高いです。


離婚後の生活を考えておこう!

離婚後、今住んでいる家から新しい家に転居する場合、前もってしっかりと準備しておく必要があります。
また、親権を獲得しお子さんを育てるとなれば、お子さんを預ける必要が出てきます。


実家に頼れるなら実家の近くに引っ越す、空きがある保育所を調べておく…などですね。
離婚後住む場所は仕事場やお子さんを預ける場所などと関わるので、そういったことをよく考えて新居を探しましょう。


困ったら弁護士へ相談を

上手く離婚するために決めたい5つの条件について具体的に解説しました。
離婚する際、協議離婚でまとまらないと調停、裁判となります。


そうなると、非常に長い時間と手間がかかるためなるべく早く法律のプロに相談することをおすすめします。
弁護士に相談しながら協議離婚を行うことも可能ですし、弁護士に代理人となってもらい協議離婚を進めることも可能です。


しかも、弁護士が間に入ってくれた場合には相手と直接やり取りしなくていいので精神的負担も軽減されます。
もちろん、費用はかかりますが、将来的な安心と離婚を進める上でのストレス軽減を考慮すると、それ以上にメリットが大きいです。


相手の浮気などで一刻も早く離婚したい…と焦って行動を起こしてしまうと、あなたの不利な条件になることがあります。
離婚後の生活を考えるとしっかりと条件を決めておき、離婚協議書に記載後公正証書として残しておくべきです。


離婚した後、「きちんと決めておけばよかった…」と後悔しないようにしてくださいね。


離婚に関するその他のページ